立つ時に出る腰痛の原因

f:id:balanceya:20170530200554j:plain

 

ちょっと長めに椅子に座っていて立つ時に、腰の痛みが出ることがあります。

その原因として、大腰筋(だいようきん)が関係していて、緊張が強くなって硬くなっているため、腰を伸ばしにくくなり腰に痛みが出ると言われています。

腰痛が慢性化した人に多いかもしれませんね。

 

確かに、大腰筋は腰痛に関係があります。

しかし、大腰筋は、立ち上がるときの腰の痛みの本当の原因ではありません。

大腰筋はあくまでも2次的原因にすぎません。

ですから、大腰筋をほぐして緊張をゆるめても戻りがはやく一時的な効果しかありません。

そのことは、大腰筋のストレッチをしている人はご存知でしょう。

 

一次的原因は、大腰筋に影響を与えている内臓器官です。

内臓器官

大腰筋

腰痛

となるわけです。

 

内臓器官が大腰筋に影響を与えているのは、内臓器官の働きが落ちているためです。

そして、内臓器官の働きが落ちるのは、東洋医学で言われている“気”の滞りがあるからです。

 

当院では、大腰筋を調整するのではなく、“気”の調整を行って腰痛に対応しています。

 

 

斉藤施療院
電話0574‐65‐4279
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
施術時間
9:00~12:00
14:00~21:00
定休日 水曜日
住所 岐阜県可児市今496-7