腰を温めると腰痛対策になる?

f:id:balanceya:20170427000629j:plain

 

腰痛の対策として本やネットでいろいろな方法が言われています。

そのなかで、お風呂に入ったり腰の部分にカイロを当てて温める方法も良いとされています。

 

腰を温めると血行が良くなるため、筋肉の緊張が緩和して痛みが軽くなるということです。

確かに血行が良くなると腰には良いような気がします。

特に筋肉の疲れによる腰痛にはいいかもしれません。

 

でも、腰痛は筋肉の疲れによる症状ばかりではありません。

他にも原因があります。

特に内臓が関連している腰痛には、温めて血行を良くしただけでは改善するのは難しいでしょう。

 

疲れによる腰痛と内臓関連の腰痛では原因が違います。

疲れによる腰痛は疲労物質によるものですから、腰を温めて血行が良くなれば疲労物質が洗い流されて痛みは引きます。

 

一方内臓関連の腰痛は、腰には原因がありません。

内臓の働きが落ちて、その内臓から腰の筋肉に反射が起きて痛みが出ています。

 

ですから、温めるにしてもピンポイントで温める必要があります。

その場所はツボです。

しかも内臓に刺激が行く的確なツボです。

腰にカイロを当てたり、お風呂に入ったりして腰を温める方法では、的確なツボを温めることは難しいので、内臓関連の腰痛の場合は楽になっていきません。

 

営業案内

 

斉藤施療院


電話:
0574‐65‐4279

施術料金

初回 4500円

2回目以降 3500円

施術時間 

9:00~12:00

14:00~21:00

定休日 水曜日

住所 岐阜県可児市今496-7