手首を調整すると腰痛が改善する?

f:id:balanceya:20170424140413j:plain

 

体は不思議なもので、腰とは全然関係のない離れた場所にある手首の部分を調整しても、腰痛の症状に変化することがあります。

なぜ手首の部分を調整して腰痛の症状に変化が出るのでしょうか?

一般的には、パソコン作業などで手を良く動かす人は、筋肉が疲労して腕、手首などがねじれたり、筋肉が硬くなるために腰の筋肉などが影響を受けて痛みが出るので、手首を調整することによって筋肉疲労を解消すると腰も楽になっていくとしています。

しかし、腰痛は筋肉疲労だけが原因ではなく、内臓からの影響による腰痛が多いのです。

基本的に、手首の調整によって筋肉の疲労を解消して腰痛を改善していく施術は、神経に対して刺激を入れていく方法なので、内臓からの影響による腰痛には対処しにくく改善しにくいのです。

内臓からの影響による腰痛は、神経に対して刺激を入れるような方法ではなく、東洋医学で言われているいわゆる“気”の調整をしていく必要があるのです。

一般的に“気”の調整は、気功や鍼灸などの方法で行っています。

当院では、気功や鍼灸ではなく、整体の施術で“気”の調整を行って腰痛に対処しています。

 

営業案内

 

斉藤施療院


電話:
0574‐65‐4279

施術料金

初回 4500円

2回目以降 3500円

施術時間 

9:00~12:00

14:00~21:00

定休日 水曜日

住所 岐阜県可児市今496-7