整体施術は坐骨神経痛の症状を直接取るものではありません

f:id:balanceya:20170430210931j:plain

 

民間療法には整体、カイロプラクティック、あんまマッサージ、鍼灸といろいろな方法があります。

これらの民間療法の施術は、本来坐骨神経痛などの症状を直接取るものではありません。

 

しかし、現実は対症療法の施術をする施術所が少なくありません。

対症療法は、一般的に症状のある部分の筋肉や関節などを調整します。

その場で症状が変わることも多いですが、持続性があまりありません。

坐骨神経痛が慢性化している場合だと、数日後にはまた症状が出てくることも珍しくないです。

ですから、悪く言えば一時しのぎにしかならないわけです。

それでは、施術を続けたとしても坐骨神経痛は、改善しにくいです。

 

では、対症療法ではない方法とはどんなものでしょうか?

それは、健康レベルを上げることです。

健康レベルを上げていけば、坐骨神経痛の症状は自然と改善していきます。

 

ところで、他の施術所のHPを見ると、症状の根本原因を調整しますと謳っている所が多いですね。

根本療法で施術するというと、いかにも良さそうです。

でも、広い意味ではその方法も対症療法になります。

 

なぜかというと、症状に対して処置をするからです。

私が言ってる、健康レベルをあげることとはまったく違います。

健康レベルを上げる場合は、症状に対してはなにも処置はしません。

それでも、健康レベルを上げるように調整した場合は、対症療法と比べるとはるかに回復が早くなります。

 

健康レベルとは、内臓などの機能の状態のことです。

内臓の機能が正常に働いていれば、症状はほとんど出ません。

症状が出るということは、内臓の機能が低下しています。