腰痛をしっかりした施術で改善したい方へ

腰痛の男性

慢性化した腰痛の原因は?

5年も10年も腰痛がある人は少なくないです。

いわゆる慢性腰痛という状態です。

腰痛が続くとどこかに病気があるのではないかと心配になりますね。

しかし、ほとんどが心配のないことが多いです。

ほとんどの腰痛は、筋肉が関係した症状です。

ですから、筋肉痛です。

筋肉痛といっても、普段使っていない筋肉を使った時の筋肉痛とは違います。

普通の筋肉痛は、2~3日もすれば治まります。

慢性の腰痛は内臓が関係しています

5~10年以上腰の痛みが出るのは、筋肉痛による腰痛といっても内臓が関係しています。

内臓が関係していると言っても、病気ではなく「内臓機能障害」によるものです。

つまり、内臓の疲れによる腰痛です。

内臓の疲れは、一般的に食べすぎ飲みすぎなどの暴飲暴食によるものだと言われています。

でも私は違うと思います。

暴飲暴食よりもむしろ精神的ストレスによるものが多いと考えます。

精神的ストレスによって内臓が影響を受けて、内臓に関連する筋肉の緊張が強くなって腰痛が出ていると思います。

子供の腰痛が増えたのも精神的ストレスによる影響でしょう。

慢性の腰痛は筋肉を調整しても改善しにくい

昔は、肉体的疲労による腰痛が多かったため、筋肉を調整する施術をしても結構効果があったようです。

でも、今は精神的ストレスによる腰痛が多いので、筋肉を調整してもそれほど効果が出なくなっています。

精神的ストレスを受けると、経穴(ツボ)に良くないエネルギー(邪気)がたまります。

ツボは、内臓と関連がありますので、良くないエネルギーの影響で内臓の働きが落ちて、その結果内臓に関連する筋肉にも影響して腰痛になります。

ですから、筋肉を調整するだけでは、良くないエネルギーは抜けないので腰痛が長引いてしまうわけです。

当院の施術は、他の整体院と違って東洋医学で言われる“気”の調整を行いますので、良くないエネルギーが抜けていき腰痛も改善しやすいのです。

ほとんどの腰痛は筋肉には原因はありません

腰痛で整体、マッサージを受けると、施術者は筋肉を調整して緊張を緩和しようとします。

腰痛などの症状は筋肉に出ますので、筋肉に原因があると考えているのでしょう。

外傷で筋肉の繊維を痛めた場合は、筋肉を調整すれば効果はあります。

しかし、筋肉の繊維を痛めて腰痛になることはそれほど多くありません。

ほとんど他の原因(内臓が関連したもの)による腰痛です。

外傷以外は、筋肉には腰痛の原因はありません。

ただ腰の筋肉に痛みが出ているだけです。

特に慢性化している腰痛は、内臓が関連していることが多いです。

内臓が関連した腰痛の場合は、筋肉を調整しても一時的に楽になるだけで良くなっていくことはありません。

ですから、筋肉を調整するのではなく、“気”の調整をする必要があります。

“気”の調整は、筋肉を調整する施術になれた人には物足らないかもしれません。

と言うのは、気持ちよさといったものがないからです。

でも、気持ちよさで腰痛が改善されていけばいいですが、実際には改善されにくいです。

関節操作で腰痛は改善する?

整体院・カイロプラクティック院で腰痛を改善させるために、骨盤、腰椎、頚椎などの関節を操作を行う施術をするところは少なくないです。

しかし、関節を操作しても外傷による腰痛(筋肉の繊維を痛めて腰痛になる)以外の腰痛は改善しにくいです。

外傷を除いて腰痛のほとんどは内臓が関連していますが、関節の操作では内臓の状態が変わらないため腰痛は改善しにくいのです。

関節の操作は神経に対する調整ですので、例えば筋肉の繊維の微小な損傷による腰痛には有効です。

でも、外傷による腰痛は数が少なく、整体院に訪れるほとんどの人の腰痛は内臓関連ですので、関節操作では腰痛は改善しにくいと言ってよいでしょう。

ただ、人間の体は自然治癒力というものがありますので、内臓関連の腰痛でも、ほっといても良くなっていきます。

ただし、すごく時間がかかります。

そこで、骨盤などの関節の操作ではなく、“気”の調整をすると、自然治癒力が高まり内臓関連の腰痛も改善が早まります。

立つ時に出る腰痛の原因

ちょっと長めに椅子に座っていて立つ時に、腰の痛みが出ることがあります。

その原因として、大腰筋(だいようきん)が関係していて、緊張が強くなって硬くなっているため、腰を伸ばしにくくなり腰に痛みが出ると言われています。

腰痛が慢性化した人に多いかもしれませんね。

確かに、大腰筋は腰痛に関係があります。

しかし、大腰筋は、立ち上がるときの腰の痛みの本当の原因ではありません。

大腰筋はあくまでも2次的原因にすぎません。

ですから、大腰筋をほぐして緊張をゆるめても戻りがはやく一時的な効果しかありません。

そのことは、大腰筋のストレッチをしている人はご存知でしょう。

一次的原因は、“気”の流れの滞りにあります。

 

“気”の流れの滞り

内臓器官

大腰筋

腰痛

となるわけです。

内臓器官が大腰筋に影響を与えているのは、内臓器官の働きが落ちているためです。

そして、内臓器官の働きが落ちるのは、“気”の流れの滞りがあるからです。

ですから、当院では、大腰筋をストレッチなどで調整するのではなく、“気”の調整を行って腰痛に対応しています。

腰を温めると腰痛対策になる?

腰痛の対策として本やネットでいろいろな方法が言われています。

そのなかで、お風呂に入ったり腰の部分にカイロを当てて温める方法も良いとされています。

腰を温めると血行が良くなるため、筋肉の緊張が緩和して痛みが軽くなるということです。

確かに血行が良くなると腰には良いような気がします。

特に筋肉の疲れによる腰痛にはいいかもしれません。

でも、腰痛は筋肉の疲れによる症状ばかりではありません。

他にも原因があります。

その原因は、内臓の影響です。

特に内臓が関連している腰痛には、温めて血行を良くしただけでは改善するのは難しいでしょう。

疲れによる腰痛と内臓関連の腰痛では原因が違います。

疲れによる腰痛は疲労物質によるものですから、腰を温めて血行が良くなれば疲労物質が洗い流されて痛みは引きます。

一方内臓関連の腰痛は、腰の筋肉には原因がありません。

内臓の働きが落ちて、その内臓から腰の筋肉に反射が起きて痛みが出ています。

ですから、温めるにしてもピンポイントで温める必要があります。

その場所はツボです。

しかも内臓に刺激が行く的確なツボです。

腰にカイロを当てたり、お風呂に入ったりして腰を温める方法では、的確なツボを温めることは難しいので、内臓関連の腰痛の場合は楽になっていきません。

手首を調整すると腰痛が改善する?

体は不思議なもので、腰とは全然関係のない離れた場所にある手首の部分を調整しても、腰痛の症状が変化することがあります。

なぜ手首の部分を調整して腰痛の症状に変化が出るのでしょうか?

一般的には、パソコン作業などで手を良く動かす人は、筋肉が疲労して腕、手首などがねじれたり、筋肉が硬くなるために腰の筋肉などが影響を受けて痛みが出るので、手首を調整することによって筋肉疲労を解消すると腰も楽になっていくとしています。

しかし、腰痛は筋肉疲労だけが原因ではなく、内臓からの影響によるものもあります。

基本的に、手首の調整は、神経に刺激を入れていく方法です。

神経に刺激を入れていく方法は、筋肉の疲労による腰痛には有効ですが、内臓が関連した腰痛には有効ではありません。

その内臓関連の腰痛は、“気”の流れの滞りが原因です。

ですから、その場合は、“気”の調整をしていく必要があります。 

腰痛は筋肉の長さを正常な状態に近づけることが一番大事なことです

整体の施術は、煎じ詰めて言うと、筋肉の長さを正常な状態に近づけることです。

腰痛の症状が出ている時は、筋肉は正常な長さになっていません。

そうなると、腰痛以外にいろいろな症状が出やすくなります。

でも心配は要りません。

整体の施術によって、筋肉の長さを正常に近づけていけば、いろいろな症状は改善されていきます。

ただし、整体の施術と言っても、たんに背骨などの骨格の矯正をしたりストレッチなどで筋肉の調整をするだけでは筋肉の長さは正常には近づきにくいのです。

仮に骨格の矯正や筋肉の調整をして筋肉の長さが正常に近づいたとしても、持続性がないため一時的な効果しか期待できません。

なぜなら、骨格の矯正・筋肉の調整は、神経に刺激を入れる調整だからです。

筋肉の長さを正常に近づけるには、神経に刺激を入れる調整ではなく“気”の流れの滞りを整える調整していく必要があります。

“気”とは、体の内外を流れるエネルギーのことを言います。

ただ、筋肉の長さが正常でない期間が長い人の場合は、正常な筋肉の状態になるまで多少の時間はかかります。

回盲弁症候群と腰痛

回盲弁という言葉は、なじみがないかもしれません。

回盲弁は、小腸と大腸をつなぐ弁です。

大腸から小腸への便の逆流を防ぐ役目をしている弁です。

そして、この弁の開閉に不具合があると、腰痛を始め体にいろいろな影響を与えます。

例えば、草むしりや重い物を持ち上げてぎっくり腰を起こし、強い痛みは消えたとしても、鈍痛が残りなかなか取れない場合があります。

そういった場合、回盲弁症候群がぎっくり腰と関係していることもあるわけです。

ですから、草むしり、重い物を持ち上げる動作はぎっくり腰のきっかけであって、本当の原因は胃腸の不調だったという可能性もあります。

回盲弁症候群は、西洋医学では注目していません。

しかし、民間療法のカイロプラクティック、整体では、回盲弁症候群などの内蔵の問題は、筋肉に影響を与えるため腰痛の原因になると考えています。

カイロプラクティックなどの施術では、回盲弁に関連するポイントや背骨、骨盤の矯正を行います。

しかし、当院では別の方法で調整をします。

その方法は、“気”の調整です。

“気”の調整を行うと、回盲弁に関連するポイントや背骨、骨盤も調整されるため腰痛も改善されていきます。

非特異的腰痛と特異的腰痛

病院へ腰痛で受診した時に、レントゲン、CT、MRIなどの機器で検査をしても原因が特定できない腰痛のことを非特異的腰痛と言います。

一方、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離、すべり症、腰部脊柱管狭窄症など画像診断などの検査によって異常が認められる腰痛を特異的腰痛と呼ばれています。

非特異的腰痛と特異的腰痛という腰痛の分類は、西洋医学(病院)での分類の仕方です。

実際、病院で検査を受けると原因が特定できない腰痛(非特異的腰痛)は、85%にものぼります。

残りの15%がヘルニアなどの骨の異常や腫瘍、内臓疾患、外傷が含まれます。

しかし、実際は、腫瘍、内臓疾患、外傷を除いて、ヘルニアなどの骨の異常があっても、腰痛とは関係ないことも少なくありません。

ヘルニアと診断され手術をした結果、腰痛の症状に変化が見られないか、逆に症状が悪化してしまうことも少なくないからです。

また、腰痛の症状がない人をMRIで検査すると、ヘルニアが発見されることも多いのです。

ですから、そういうこともあって今は、ヘルニアなどの骨の異常が見つかっても、手術する人が減ってきています。

当院にも、過去にヘルニアの手術をして、腰痛が再発した人が来られます。

そういう方の腰痛は、ヘルニアが原因でなく筋肉の問題で症状が出ています。

ですから、上手に筋肉を調整することによって腰痛も改善していきます。

病院での腰痛の処置は、筋肉を対象とはしていないため、施術方法がなく改善できないわけです。

ぎっくり腰の本当の原因は?

f:id:balanceya:20170421205921j:plain

 

 ぎっくり腰になるのは

・床に落ちているものを拾おうとした時

・振り向いた時

・くしゃみをした時

・横にあるものをとる時

・高いところにあるものをとる時

・靴や靴下を履く時

・物を持ち上げる時

などの動作で起きることが少なくありません。


これらの動作を見ると、重い物を持ち上げた時以外はほとんど腰には負担がかかっていません。

それでも、急に腰が痛くなるわけです。

 

では、ちょっとした動作をしただけでなぜ腰が痛くなるのでしょうか?
ぎっくり腰というと、腰の筋肉、筋膜などの組織の微小な損傷や椎間関節の捻挫とされることが多いです。

 

でも、腰の筋肉に負担がかかっていないのに筋肉などの損傷が起きたり、関節の捻挫になったりするのは理屈に合いません。

 

それ以外に、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離・すべり症、脊柱管狭窄症などの骨の異常なども言われています。

 

しかし、骨の異常があっても何の症状もない人が少なくないのです。

ですから、骨の異常はぎっくり腰の原因とはなりません。

腰痛(ぎっくり腰)のほとんどは内臓が関係しています

私は、腰に大きな負担がかかって痛めた時以外は、別の原因があると考えます。

その原因とは、内臓からの影響です。

内臓からの影響を受けて腰・足の痛み、しびれが起きるわけです。

腰を含めて筋肉は、内臓と関連があります。

 

そして、内臓の働きが落ちてきた時、腰や足の筋肉は影響を受けて過緊張し、腰・足の痛み、しびれなどの症状が出ます。

こういった現象は、内臓ー筋肉反射と言います。

ぎっくり腰を含めて腰痛の8割以上が内臓ー筋肉反射によるものだと考えています。

ぎっくり腰の施術

ぎっくり腰の施術は、一般的にアイシング、筋肉、関節の調整をする施術所が多いです。

上記したようにほとんどの腰痛は内臓が関係しています。

一般的な方法で施術をした場合、内臓の機能を高めていくことは難しいので、ぎっくり腰は改善しにくいのです。

 

そのようなことを考慮して、当院では東洋医学で言われる“気”の流れの滞りを整える調整をして、内臓の機能を高めてぎっくり腰に対応しております。

整体施術は坐骨神経痛の症状を直接取るものではありません

f:id:balanceya:20170430210931j:plain

 

民間療法には整体、カイロプラクティック、あんまマッサージ、鍼灸といろいろな方法があります。

これらの民間療法の施術は、本来坐骨神経痛などの症状を直接取るものではありません。

 

しかし、現実は対症療法の施術をする施術所が少なくありません。

対症療法は、一般的に症状のある部分の筋肉や関節などを調整します。

その場で症状が変わることも多いですが、持続性があまりありません。

坐骨神経痛が慢性化している場合だと、数日後にはまた症状が出てくることも珍しくないです。

ですから、悪く言えば一時しのぎにしかならないわけです。

それでは、施術を続けたとしても坐骨神経痛は、改善しにくいです。

 

では、対症療法ではない方法とはどんなものでしょうか?

それは、健康レベルを上げることです。

健康レベルを上げていけば、坐骨神経痛の症状は自然と改善していきます。

 

ところで、他の施術所のHPを見ると、症状の根本原因を調整しますと謳っている所が多いですね。

根本療法で施術するというと、いかにも良さそうです。

でも、広い意味ではその方法も対症療法になります。

 

なぜかというと、症状に対して処置をするからです。

私が言ってる、健康レベルをあげることとはまったく違います。

健康レベルを上げる場合は、症状に対してはなにも処置はしません。

それでも、健康レベルを上げるように調整した場合は、対症療法と比べるとはるかに回復が早くなります。

 

健康レベルとは、内臓などの機能の状態のことです。

内臓の機能が正常に働いていれば、症状はほとんど出ません。

症状が出るということは、内臓の機能が低下しています。

そういった場合は、対症療法をするのではなく、内臓の機能を高めることが大切です。